ピーリング石鹸でのスキンケアについて

30. 8月 2016 その他 0

ボンボワールのダイエット効果
美容効果がある肌のお手入れ方法に、英語で剥ぐを意味するピーリングがあります。

文字通り、古くなった皮膚の表層を剥ぎ取ります。

最近では、エステのピーリング施術だけでなく、家庭で使えるピーリング石鹸も注目されています。

具体的なピーリングの方法としては、レーザーを使って皮膚表面を剥がしたり、弱い酸を皮膚に塗ることで、表層を溶かすという方法です。

自分で行うピーリングの場合は、弱酸性の石鹸を使って顔を洗い、表面の皮膚を溶かします。

ピーリング石鹸にはAHAというピーリングに用いる酸が入っていて、この成分が皮膚に高価を及ぼします。

別名フルーツ酸ともいうAHAは、クエン酸や、乳酸、リンゴ酸、グリコール酸といった天然の成分が中心で、ピーリング石鹸には欠かせない成分です。

皮膚を溶かす酸と聞くと、尻込みする人もいるようですが、フルーツ酸の酸性度は、ごくごく弱いものです。

お肌のコンディションによって、ピーリング石鹸が合う人と、合わない人がいますので、事前に確認する必要があります。

加齢や、肌質、水洗顔の影響で角質が硬くなっている人にはおすすめです。

お肌がくすんでいるように感じる人や、毛穴が開き気味な人、しわやしみを解消したいという人にも、ピーリングはおすすめです。

適切な間隔をあけて使うこと、肌の新陳代謝を考えて夜に使うようにすることが、ピーリング石鹸のコツです。

人間の体は、寝ている間にダメージの修復や細胞の生成が行われていますので、夜にピーリングをすれば皮膚の再生が促進されます。

また、ピーリング後の皮膚は乾燥しやすくなっていますので、保湿クリームや乳液を使って、肌の保湿をきちんと行いましょう。